Project UZU

小屋入り_210305_335.jpg

2007年に旗揚げされた、AGATAが主宰するアートユニット。

演劇を中心に、音楽やゲームなどの融合など、様々なジャンルとのコラボ企画を多数行う。

作品は主にファンタジー作品。架空の中でも命を感じることができる「生きたファンタジー」を目標に、

​作品作りを続けている。

過去公演

人狼の詩_東京_表面2110.jpg

Project UZU & 人狼HOUSE

​「劇場版 即興抒情曲 人狼の詩EAST」

2021年12月11日~12日

TUNNEL TOKYOにて

「人狼の書」
その昔、一人の魔女が、人間に化ける狼を封じこめたといわれる書物が世界のどこかにあるらしい。


封印が解かれた時のために、その書物には特別な力がこめられている。

それは、人狼に立ち向かうための占い師、霊能、騎士の力。
そして人狼と思わしき者を再び書物に封じる力。
その書物は様々な世界を転々とし、魔力に狂い封印を解いた者とその周りの者を巻き込んで異空間へと誘う。

そんな噂が広まったのはとある冒険者ギルド。
人狼の書に高額な懸賞金がかけられているそのギルド酒場は今日も宴が催されていた。

まさかその場で誰かが、書物の封印を解くとはその時は誰も予想だにしなかった。

異空間へと飲み込まれた冒険者たち。脱出の道はあるのか。
傍観者たちの見守る中閉ざされた空間で、知恵の戦いが始まろうとしていた。

Project UZU、観客投票型人狼演劇、初の東京公演。

Project UZU & 人狼HOUSE

​劇場版

即興抒情曲 人狼の詩~Departure~

2021年2月26日~28日

IN→dependent Theatre 1stにて

大阪で定期公演を続けていた人狼の詩、最後の集大成。

​アーカイブ動画販売中。

https://projectuzu.booth.pm/items/2671076

2002人狼の詩0128_fixOL01.jpg
puzu_gift_20190928ol.jpg

Project UZU 1st Replay​

GIFT

2019年12月13日~15日

浄土宗應典院 本堂にて

「神様にお願いするわ、太陽を返してくださいって。私、いつか地上に行く!」

雪と氷に覆われた世界、その世界で人々は地下に機械都市を作り生活をしていた。

捨てられ続けるスクラップによって瘴気が満ちていく地上。空と切り離されたその場所で、太陽を取り戻すべく人々はそれぞれの目的を持って動き出す。

​滅びを歩む世界で失われた太陽と巡り繰り広げられる終焉のクリスマスファンタジー。

表のコピー のコピー.jpg

Project UZU & 人狼HOUSE

​劇場版

即興抒情曲 人狼の詩

2019年7月26日~28日

IN→dependent Theatre 1stにて

イベントスペースや人狼HOUSE店舗で行われていた公演

​初の劇場公演。

IMGP8707(レタッチ済)_xlarge.jpg

Project UZU 10th Anniversary

記憶の破片

2018年12月15日

フラミンゴ・ジ・アルーシャにて

詩人は過去を忌み嫌った。

道化は未来を恐れた。

詩人と道化は対話する。

物語はどこからきてどこへ行くのか。

自分たちが生きるこの物語は、

一体何を拒絶するというのか。

​ここにあるのは、記憶の破片の物語。

Project UZU10周年を迎えて開催された、

演劇×音楽×ジャグリング×ダンスの総合パフォーマンスステージ。

Project UZU組曲

PANDORA

風の章

炎の章

水の章・大地の章

樹の章

はじまりの章

2012年~2016年

in→dependent theatre 2ndにて

すでに滅びを迎えた世界で繰り広げられる

竪琴の勇者の再生の物語。

​「君は、この世界に何を望む?」

告知画像のコピー.jpg
チラシ表統合 のコピー.jpg

Project UZU 5th Stage

GIFT

2009 年 10 月 29 日~31 日

ロクソドンタブラックにて

Project UZU 4th Stage

Treasure Sonar

 

 2010 年 5 月 21 日~23 日

 大阪市立芸術創造館にて

音の都グロリア、4年に一度開かれる音の祭典の始まりとともに不穏な影が現れる。

それは盗賊?幽霊?30年の時を経て再び訪れる沈黙の中、不気味にたたずむ石の塔だけが旋律を奏でていた。

何かがおかしいこの都市は何かを訴えるかのように少しずつ変貌を始める。

そんな中、少年たちは一冊の古びたノートを手に動き出す。それは真実を突き止めるため?街を救うため?

奔走する彼らを見逃すことなく、全てを握る歌姫シズリは歌う。

​歌声の向かう先は?今、影達の舞い踊るパーティーが始まる…!

ホンチラ表完成 のコピー.jpg
チラシ表背景ありのコピー.jpg

Project UZU 3rd Stage

Continue

2009 年 1 月 23 日~25 日

 ロクソドンタブラックにて

-人間と獣人、これは二つの種族の戦いの物語-

気がつくとゲームの世界にいた中学生、本田俊介。

そこはすでに知り尽くした世界だった。

2種族の戦いを止めるべく奔走する狐の少年ナキ。果たして戦いを止めることはできるのか。

​俊介はナキとともにすでに結末の見えている物語をなぞりはじめる。

Project UZU 2nd Stage

魔法都市ソーレ

 

2008 年 8 月 16 日~17 日

大阪市立芸術創造館にて

魔法使いだけが住まう魔法都市ソーレ。

年に一度、魔法の力が最も高まる日、都市では大規模なカーニバルが行われていた。

その中で、魔法使い見習いの少年パルは魔法の力を持たない不思議な少女と出会う。

古代の技術「マシン」を操る少女トエムが語る「魔王」の目的とは?パルの中に隠された力とはいったい?

無の海に眠る扉の向こうにはいったい何が待つのか?

果たして二人は魔法都市の危機を救うことが出来るのか!?

​魔法使い達が織りなすファンタジー冒険活劇!!

チラシ 表完成.jpg
Image0007.JPG

Project UZU 旗揚げ公演

沈黙の街

 

2007 年 8 月 11 日~12 日

大阪私立芸術創造館にて

沈黙の街。

音の規制がされている一風変わったその街を人々はそう呼んでいた。

その街には大切な忘れ物があった。

その街には嘘が隠れていた。

その街には悲しみがあった。

呪いの歌が響く夜。そこにはその街の全てが綴られていた。

少年は赤子を手放すことなく走り続けた。

​物語はそこからはじまった。